Old Heavy Engine Oil - '79 SUZUKI GS1000 -

'79 SUZUKI GS1000をサラっと乗る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チャンバ焼き

運用再開したTSさん

サイレンサからのオイル噴きが酷くて、10分も走ればナンバーがベッチョベチョ

ジャンバもデロンデロンであります。

キャブもオイルポンプ調整もしてあるので、恐らくチャンバの中に溜まったオイルが出てるのであろうと、

チャンバ焼き決行

ch.jpg

小爆発(?)もありながら、焚き火ん中でチンチンに熱すること2時間、煙が出なくなったところで火から出して冷却

耐熱塗装も禿げて見た目は一層ボロくなりましたが、オイル飛散は少なくなったので満足であります。

走りの変化は・・・すげぇ!!超低速トルク増えた!!と思ったのも束の間、チョーク引きっぱなしで走ってるだけでした 笑

ちゃんとセッティングさえ出ていれば、排気デバイスなぞ無くても普通に走るわいっつーことで、排気デバイスも全開固定に

ただしPJは#30→#17.5にして下さいな。出荷時には#30が着いてますが、補修部品はヒッソリと#17.5に変更されています。

うるさい、臭い、燃費悪い、と時代に逆行しているものの、やはり2stは楽しいですなぁ
スポンサーサイト
  1. 2011/12/26(月) 18:10:46|
  2. TS125R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

nissy

Author:nissy
バイクは根っからのSUZUKI党です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。