Old Heavy Engine Oil - '79 SUZUKI GS1000 -

'79 SUZUKI GS1000をサラっと乗る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイトルって悩むよね

わんばんこ、僕です。

特にこれと言ってネタがある訳ではないので、手短に更新

先日某オークションにてこんなものをIYHしてしましました。

SBSH0096a.jpg
じゃーん、車用の純正HIDキット

SBSH0097a.jpg
トヨタ車の純正で、KOITOというメーカーが作っているみたいです。最近はD4が流行りのようですが、予算の関係でD2ですw

以前KINAKOさんのバイクを見た時からHID化したいなーとは思っていたのですがなかなか踏ん切りがつかなかったところを、
某オクで格安にて出品されてたので今回落札するに至りました。

カタナはH4なので当然ながら台座加工が必要です。更にはどこにバラストを置くかとかも考えなければいけません。

まぁそこらへんはなんとでもなりそうですが。とりあえず、カタナのHID化に踏み切ってみようと思いまーす

では。


スポンサーサイト
  1. 2008/04/26(土) 23:54:20|
  2. GSX400S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョースン(HYOSUNG)GT250Rぶっちゃけインプレッション

こんばんわ、僕です。

突然ですが、皆様はヒョースン(HYOSUNG)というメーカーをご存知でしょうか。

僕も最近になってその存在を知ったのですが、お隣りの国韓国のバイクメーカーのようです。

そのヒョースンの正規代理店であるレッドバロンにGT250Rの試乗車が入ったので、僕も興味本位で試乗させて頂きました。

今日はそのヒョースンGT250Rのインプレッションをお届けしたいと思います。

雑誌を見てもなかなか取り上げられてない、取り上げられてたとしても乗ってる人のレベルが高すぎて参考にならんという方も多数いらっしゃることでしょう
素人である私が、先入観などを全て排して感じたことを率直に書きます。

<外観>

SBSH0089a.jpg
上位モデルのGT650Rと車体が共通ですので、車挌はかなり大柄です。
SBSH0087a.jpg
フロント周りのデザインはMVアグスタのF4などの欧州車を意識しています。国産にはこういうデザインが無いので新鮮ですね
SBSH0088a.jpg
新車です。今日ナンバーを取得してきたとのことです。
SBSH0091a.jpg
ハンドル周り。タコメーターがアナログで速度がデジタルです。
SBSH0092a.jpg
タイヤは F110/70-17 R150/70-70。前後とも画像のようにバリが残ってるのが気になりました。走れば関係ないのでしょうが合わせ面が若干ズレてます。


全体として溶接が汚かったりカウルのフィッティングが多少悪かったりしますが、そんなに気になるほどではありません。



<走行性能>

バイクにまたがって一番に思ったのがリアサスがとてつもなく硬い(動かない)。固いシートと相まってか、リジッドサスのバイクに乗ってるかのような印象を受けます。
ポジションに関してはそんなにきつく無く、NS-1と似たような感じです。

エンジンをかけるとVツイン特有の歯切れの良いサウンドがします。

このバイクに乗ってるエンジン、なんと空冷なんです。

走り出してみると、速度メーターの感度が鈍いのが気になりました。停車してもしばらく表示が4km/hとかになったままです。
更には僕が乗った車両は20km/h以上の速度で走行するとメーターが0km/h表示になってしまうというトラブルがありました。(減速するとやはり20km/hの辺りから表示が復活します)
新車なのに残念です。

エンジンに関しては、Vツインの割に低回転トルクが少なめですがアクセルを開ければちゃんと前に進むし、高回転も元気に回ります。
(スピードメーターが前述の通りだったのでタコもハッピーメーターなだけかもしれませんが。)
パワー感は高回転が回るTWのようなものです。欲を言えばもっと低回転域のフィールを改善して欲しいですね。

次にブレーキですが、これは致命的です。全然止まりません。
原付に純正で付いてるような2POTキャリパーと同等、若しくはそれ以下の制動力です。タッチはFがブヨブヨ、Rはカッチカチでコントロール性も最悪です。
ブレーキにまだアタリが出てないこともあるでしょうが、それを差し引いても止まらなさ過ぎです。一応高速道路にも乗れるバイクなのですからブレーキはもっと強化して然りだと考えます。

そしてブレーキと同じくらい気になるのが前述のリアサスです。全然動きません。
本国では2人乗りを基準として設計しているからなのかわかりませんが、到底一人の体重で動くような硬さではありません。
そのせいでフロントだけスコスコ動いて加減速のときとても不愉快な挙動をします。コーナリングも前後バラバラに動くカンジで、少なくとも僕の乗り方では乗れませんでした。
きっと2人乗りしたらベストバランスになるんでしょう。

なんだか悪い所ばっかりみたいですが、他に良い点を挙げるとしたら重さをあまり感じない車体です。
冒頭にも書きましたがこのバイクの車体は250、650と共通なのですがバイクを重く感じることはなく、軽快な動きをします。(カタナに乗ってるからそう感じるだけ?)


<総括>

さて、これまでGT250Rの良い点、欠点を挙げてきましたが、総合的に見ると良いバイクの部類に入るのではないかと思います。


ただし、国産車(日本車)と比べてはいけません。

このバイクの比べるべき対象は中国やタイ、インドのバイクです。その中ではダントツの性能を誇っていることでしょう。

国産に対抗するには、細部のディーテールや完成度が工業製品としてまだまだ弱いと感じました。

現在、このGT250Rは約50万円で販売されています。
国産のNinja250Rの新車販売価格が50万円弱であることを考えれば決して安くないですし、むしろ高すぎると考えます。

同価格帯のNinja250Rとも比べられて苦戦している様ですのでいずれは強気な価格設定も下げて来るでしょう。

そこで、まとめ

新車価格が30万円切ったら、このバイクは買いです。

(それでも、ブレーキ強化とリアサス変更は必須です)



以上、ヒョースン(HYOSUNG)GT250Rぶっちゃけインプレッションでした。






※このインプレッションはすべて管理人である私の主観と感性に基づいて執筆したものです。
人によって感じ方は千差万別ですし、また車両にも個体差があることが十分考えられますので参考程度にお考え下さい。
実際に試乗されることをお勧めします。

  1. 2008/04/25(金) 03:46:00|
  2. ぐーたら雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:82

MADE IN JAPAN

こんばんは、僕です。

昨日宣言したように、練習に行ってきました

SBSH0083a.jpg

今日は一台も車が停まってなくてとても快適でした。目標だった右もかなり安定して曲がれるようになったので、
後半はバンクスピードを上げることに専念し、180°ターンを繰り返しました。
これが意外と難しくて最初はクリッピングポイントを過ぎた辺りからしかフルバンクできませんでした。
ブレーキのタイミングやハンドルの切れ込み具合がだんだんわかってくるとバンキングスピードも上がって早い段階で
フルバンクできるようになりました。

次回は8の字で切り返しをメインに練習したいと思います。
SBSH0084a.jpg
エンジンガード擦りまくりw
SBSH0085a.jpg
バンク角確保の為にエンジンガードは廃止してもいいのですが、いつコケるかわからないしなー・・・

SBSH0086a.jpg
マフラーも擦るんだよな~・・・次はアップマフラー化か?w

SBSH0093a.jpg
今日は極限まで使いました、表面の樹脂が剥がれていますw
SBSH0094a.jpg
流石にもうこれを使うことは無いでしょうw

あ、そうそう。昨日レース落ちのTT900を大学の粗大ゴミ置き場から貰ってきました。サイドはもうズリズリですが、センターは9分山くらいなので、車検用に取っておく予定です。

次のタイヤ何にすっかなー

明日はHYOSUNG(ヒョースン)GT250Rのインプレッションです、どうぞお楽しみに!

では。


  1. 2008/04/24(木) 02:58:00|
  2. 走・ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボタンクリックで挿入できます

こんばんは、僕です。前回の街道レーサー編が予想以上に反響がすごくてびっくりですw

残念ながら(?)、今日はごく普通なネタです。最近結構なペースで増えつつある「走・ツーリング」カテゴリー

今年度の目標はズバリ

「バーツには金かけず、タイヤとガソリンに金かける」

走って走って走りまくろうということです。余談ですが換えたばっかりのTT900、既に2分山ですorz

先日、サークルの集合写真を撮りました。

SBSH0079a.jpg
12~3台集まりました。
1208410382.jpg
どれが管理だか、説明しなくてもお分かりですね、ブログ一周年記念ということで小さいけど顔晒しw
TUTCのブログに別の写真もあります。

さて、何故カテゴリーが「走・ツーリング」かと言いますと、先日オークションでバンクセンサーを落札したんですよ。

ttp://www.motosta.com/index.php?main_page=product_info&cPath=48_50&products_id=181

この商品です。それが写真撮影の前日に届いたので、折角だし装着して写真撮影に行ったら

「減ってないバンクセンサー着けててもカッコ悪いぞ」(多少悪意を持って強調していますw)と先輩から指摘を受けましたので、ヒザ擦りに出かけてきました。

場所はヒミツ

SBSH0080a.jpg
わかる人はこの写真でわかっちゃいますけどねw

実は管理、まぐれでカタナで2~3回しか膝を擦ったことが無かった(しかも空きカンでw)ので、練習の意味合いも兼ねて
定常円や8の字を繰り返しました。

普段管理はあまり膝を出さないで乗る我流スタイルなのですが、KINAKOさんにも膝擦りながら走ったほうがいいよってアドバイスされたし、
なんと言ってもズリズリしながら走ったほうがカッコイイもんな!

定常円でクルクル回り初めて30分くらいで自分の意思でズリズリ行けるようになりました。コツは最高の脱力でした。

膝擦りながらクルクル回ってる時って、本当にビックリするくらい脱力してます。その感覚を掴んだらなんぼでもできるようになりました。

もう楽しくて楽しくて、ずっとズリズリしながら走ってたら、15分足らずでバンクセンサーの厚みが1mmくらいに・・・orz

逆に着けたり、向きを変えたりしながら日が暮れるまでズリズリして遊んでました。

家に帰って見ると・・・
SBSH0082a.jpg
ぎゃぁぁぁああああ!!皮パンまで穴空いとるがなー!!!orz

どうやら夢中になりすぎて、バンクセンサの厚みが無くなったことに気づいてなかったみたいですorz

しかも良くみると、バンクセンサーが極限まで薄くなって中から何か出てきてますw

これで1980円(送料と振込み手数料入れると3000円弱)は高いなー

タイチとかのちゃんとした奴買ったほうが持ちも良くて結局安上がりだったんじゃねぇの?と思って止まない管理です。

ま、右はまだ余ってるから今度はそっちを極限まで薄くしようw

明日晴れるっぽいので練習に行ってきたいと思います。目標はフルバンクまで一気に持ってくことと右をもっと安定的に擦ることです。




では



  1. 2008/04/23(水) 00:13:40|
  2. 走・ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハッタリレーサー

こんばんは僕です、まだまだネタあります。


水曜日の夜、新入生を勧誘する為に車(EP82)をモディファイしたいという自動車部の友達の手伝いに(つっても大したことしてないけど)行ってきました。タイムリミットは次の日の朝

キャンパスのド真ん中に宣伝目的でクルマを置く訳です。

これによって新入生が入って来るか来ないか大きく左右されますので、何がなんでもカッコイイ車に仕上げなければ・・・




で、できたぞ!!!




SBSH0073a.jpg


SBSH0074a.jpg
ww
SBSH0075a.jpg
www

えー、仕様はハッタリオイルクーラー、ハッタリインタークーラー、ハッタリ2連ラッパ、ランエボバンパー(爆

勿論マフラーは
SBSH0077a.jpg
ステンレス1m竹槍(スラッシュカット)です(爆

僕が加担するという時点でマトモな物の筈がありませんwww

これに日の丸ステッカーを各所に貼り、旗も掲げてモディファイ完了www

なんともカオスなクルマができましたw(あまりにも治安が悪いので掲載不可)

当日はこれで軍歌を流し、キャンパスを行き交う人々の冷ややかな(w)視線を釘付けにしたそうですw

意気込んで臨んだにも関わらずこの日来た新入生の数は・・・wだったそうです。そりゃそーだ、逆にこんな車に寄って来る奴のほうが(ry


当然ですが、このお祭り仕様は次のイベント(?)まで暫く封印されることとなったのでした・・・


では。

  1. 2008/04/22(火) 00:23:34|
  2. ぐーたら雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スリムドクター

こんばんは、僕です。

金土日とバイト続きで更新できず終いでした。それではガンガン話を進めますよ~

大学の友人が車を買ったとのことだったので見せて貰いました。

SBSH0065a.jpg
ちょwwwV36スカイラインかよwwwいーねーブルジョワは

SBSH0066a.jpg

近頃ダウンサスを入れたらしく、昨日擦った部分が気になってるっぽいオーナーのMブチ君

車体擦るの気にしてちゃローダウン車なんて乗れないぜ。

水曜日、大学の友人二人とエコーラインに行きました。

SBSH0067a.jpg
CB400SFスペックⅢとバリオスⅡです。
SBSH0068a.jpg
二人とも初峠とのことでしたがなかなか良い走りをしてました(特にCB)。うかうかしてると抜かされちゃいますな。

SBSH0070a.jpg

その後近所のショッピングセンターの駐輪場にて一時間ほどバイクについて語りましたw

最近暖かくなってきて、バイクで走りやすくて嬉しい限りです。

では。
  1. 2008/04/20(日) 23:39:05|
  2. 走・ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月月火水木金金

こんばんは、僕です。

ここ数日、ネタがあり過ぎて記事が何日か遅れて紹介される所謂「糞詰まり状態」となっております。

いつもネタ切れな我がブログではとても珍しい現象です。

KINAKOさんとサーキットに行った日の続き。サーキット走行を終えた一行は、とりあえずウチに向かうことに。
しばし休憩を取ってから、VAMOSで買い物をしに出かけました。向かったのは泉にあるZOA(パソコンの館)
ZOAで僕はメモリーカードスロット、KINAKOさんは三脚を買い、次の目的地のストレート工具へ。
ストレート工具に行くのははじめてでしたが、アストロのほうが若干店舗が広めかな?ってカンジでした。品揃えに関しては、アストロのほうがバイク用の工具が多い気がします

その他にも怪しい部品屋と工具屋さんに寄って、ファミレスに行きました。
僕とKINAKOさんがファミレスで話し始めると4時間コースになること必須なので、お互い自重しつつ今日のライディングを振り返ったり
整備について語り合いました。前回の反省を活かして(?)店を早めに切り上げてウチに戻りました。

専用工具が無くて外せなかったクラッチ周りをKINAKOさんに手伝って貰って外しました。

クランクが折れてるからクラッチ横のギヤを止めてるナットがなかなか外れなくて苦戦しましたがなんとか外せました

SANY5191a.jpg
ずっと放置状態だった右クランクケース

SANY5193a.jpg
何度見ても酷いです。

SANY5197a.jpg
取れますた

SBSH0062a.jpg

外すときにかなり力をかけたのでスタッドは要交換になってしまいますた。

クラッチさえ取れてしまえばあとはレゴみたいにバラして行くだけ。これでとりあえず全てのバラシ作業が終わりました。

今後予定しているメニューは

クランクベアリング、スプロケのとこのベアリング交換
オイルシール上記3点交換
スタッドボルト交換   です。

オイルシールとスタッドボルトは今日RBで純正品を頼んできました。ベアリングは卸町にある問屋に直接行ってみようかと思います。

とにかくかなり作業が進み先行き明るいです。

では。


  1. 2008/04/17(木) 22:52:23|
  2. RG50Γ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サザンサーキット走行 其の二

わんばんこ、僕です。今日は天気がとても良かったので友達とエコーラインに行ってきました、その様子はまた後日

昨日の続きです。

一通りウルフについて説明を受けて、wktkしながらコースイン。2~3周はバイクの特性とコースを掴む為に様子を見ながら走ります。
SANY5104.jpg
全然乗れてません。実際走ると良くわかるんですが、思ってた以上に路面が悪くてびっくり。OPEN仕様ウルフは
NZディスク+グラトラキャリパーの組み合わせで制動力十分。制動力が上がっているせいかFフォークが多少
多めにストロークする気もしましたが、そんなに気になりませんでした。とても乗りやすいバイクです。

バイクにもコースにもある程度慣れたところでタイムアタック開始

SANY5098.jpg

SANY5119.jpg
SANY5116.jpg
何故かバイザー開いてますw
SANY5117.jpg
タイムが上がらない管理を見かねてか、Nチビを駆るKINAKOさんの同僚の方が前を走って引っ張ってくれました

全然レベル違ぇwww

お陰で、管理のタイムはラップごとに1秒づつくらい縮まっていきました。

勢い付いた管理はどんどん攻め、これはかなりタイム縮まったんじゃないのか?と我ながら思った絶好調のラップ

インフィールドの路面の補修痕に引っかかってハイサイド喰らい吹っ飛びました(爆

人のバイクでコケたことと後頭部を打ってメットが駄目になったことに若干萎えつつパドックへと戻りました。

そしてKINAKOさんと交代。

しかし人が走ってる姿を見ると少し前に怖い思いをしたばかりでも走りたいという思いは募るばかりでして・・・

KINAKOさんがパドックに戻るなりすぐに給油して出走する管理でしたw

二回目の出走ともなると大分コースにもマシンにも馴れて楽しく走れるようになりました。

SANY5125.jpg
後ろからNSF100が迫ってきます
SANY5126.jpg
朝に少し話をしたのですが、歳は僕の一つ下で今回でサーキットが5~6回目だそうです。今日6秒代入ったとのことでした
SANY5127.jpg
SANY5128.jpg
SANY5129.jpg
SANY5130.jpg
オヤジくせぇ乗り方だな~>俺
SANY5131.jpg
2ストパワーで直線番長w

SANY5142.jpg
何故か後ろを振り返る管理
SANY5174.jpg

SANY5162.jpg

SANY5163.jpg
前回転倒したところに注意しつつ再びアタック開始
先ほどのベストから更に毎週一秒ほど更新して12秒代突入
しかし、またやらかしてしまいましたorz 今度は最終コーナーの穴にハマってスリップダウン。
一度ならず二度も人様のバイクを転がして申し訳ない気持ちいっぱいでパドックに戻りました。

その後はウルフの調子がグズり出したので、適当に見切りをつけて退散することになりました。

結局この日の僕のタイムは12秒止まり。KINAKOさんは例の上手な同僚の方に引っ張って貰って8秒台を連発してました。はえ~

とても楽しい初サーキット走行となりました、KINAKOさんどうもありがとうございました。

あと、サーキットで僕が遅くて迷惑かけちゃった人ごめんなさいm(__)m

これからも日々精進します。

あ~、もっともっと速く走れるようになりてぇ~

尚、この日の様子はKINAKOさんのブログでも取り上げられていますので、是非そちらも確認してみて下さい。

では。

  1. 2008/04/16(水) 01:20:00|
  2. 走・ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サザンサーキット走行 其の一

昨日はガンマオーナー繋がりでブログのリンクも張っておりますKINAKOさんにサザンサーキットに連れてって頂きました。

更新頻度が落ちている我がブログを気遣ってか、詳しいレポートを任されましたので(w)、KINAKOさんから頂いた画像も交えつつ
その模様をお届けしたいと思います
なんと、管理の記念すべき初サーキット走行です。舞台はSUGOの近くにある個人経営の
サザンサーキットというところです。

当日の朝はKINAKOさんにトランポのVAMOSで迎えに来て頂きました。サザンに到着すると既に数人来ていて、
各自パドックで自分のバイクの整備をしていました。
SANY5055.jpg
サザン名物(?)のサザン犬。新参者の品定め(?)をしているようです。
コースが開くまでの間、KINAKOさんに色々アドバイスを受けながらコースを歩きます。良くみるとところどころ(どころじゃないかも)路面がめくれてたり、
継ぎ目が粗かったり、穴が空いてたりwで、一筋縄ではいかなさそうです。
実は管理、この時からアドレナリン出まくりでKINAKOさんのアドバイスが半分くらいしか耳に入っていませんでした(爆
SBSH0058a.jpg

SBSH0059a.jpg
本日レンタルして頂くKINAKOウルフ
OPENクラス仕様です。タイヤは前後共に純正サイズのBT39SS どうやらサーキットで使用するならTTよりBTのほうが有利なようです。

SANY5058.jpg
「ちょっとタイヤ暖めて来る」 パドックから出て行くKINAKOさんの図
SANY5063.jpg
最終コーナーを立ち上がるKINAKOウルフ

何回か周回してパドックに戻ってきました。

睡魔が限界なので今日はここまで。



それではまた明日。
  1. 2008/04/15(火) 02:57:25|
  2. 走・ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナクレって使い過ぎると鼻の皮むけるよね

こんばんは、僕です

盛大に放置しちまってすいません、いや一応理由はあるんですよ?

僕がカメラとして使ってる携帯の端子がぶっ壊れたので、PCに繋げないのですよ。メモリーカードスロットもありませんのでデーターを引き出せません

早いとこスロット買ってこよう

特にネタがありませんので、今日は管理の意外な趣味について書きます

実はですね、僕ピアノ弾くんですよ。5歳の頃から始めたのでもうかれこれ15年間近くやってることになります。

弾くといっても趣味でちゃらっと弾く程度なんですけどね。

昔は有名な音楽学校に通っていたこともありましたが、趣味程度でピアノを弾く自分がいるべき場所では無いと気づき、

今の個人の先生についてからもうかれこれ7年くらい経ちます。早いものですね~

今日はその先生が開催する(生徒の為の)ピアノの発表会に、最後にエキシビションで出して頂きました。

エキシビションつってもそんな立派なものじゃないですけどね、ただ単に僕くらいの年までやってる子がいないから(俺に一番近い歳の子でも高1)そうなった訳なんですが・・・

何か適当に準備して弾いてくれとのことだったので

ショパンのバラードop30とムソルグフスキーの展覧会の絵を用意して行きました

話は半年前くらいから聞いてたのですが面倒くさがってなかなか練習しなくてここ数ヶ月でなんとか仕上げたカンジでした。(それでもやはり練習量は絶対的に足りない)

だってピアノが置いてある部屋はなれで寒いんだもーん・・・

他にも先生の演奏で、連弾の相手をリストのカンパネルラとガーシュウィンのラプソディー・イン・ブルー(今年超話題になったやつ)の2曲担当することに。

相当なボリュームですw

管理は超上がり性のクセに練習をあまりしないので本番で一度つまづくと危険なタイプ。

前日のリハでは皆が帰ってからも一人ホールで練習してますた。(フルコン弾く機会があんま無いから弾きたかったというのもある)
SBSH0056a.jpg

俺しかいないコンサートホール。貸切状態です。課題曲でない局も弾き腐りました。

で、当日。自分の順番が近づくにつれて緊張も強くなります。何回やっても緊張するんだよね~

いよいよ自分が回ってきて、ステージに出ていきます。深呼吸して落ち着いて座ると、不思議と緊張も納まって上々の弾き出し

自分でこんなに上手く弾けたときあったかなー?と、自惚れ始めた後半に事件発生!!一個和音を外したことを機に頭がパニック状態になり
ミスがミスを呼び頭が真っ白になり(よくあるパターン)あろうことか手が止まってしまいました(爆
懸命に脱出を図るも一度ずれた歯車は噛み合うことがなく、最後の最後だけなんとかまとめたものの、大波乱のop30となってしまいましたorz
一番自信のあったop30で醜態を晒した管理は戦意喪失・・・しかし、これ以上悪い演奏をすることは無いだろう、あとは上がってくだけだと
気持ちを切り替えて開き直ったら、展覧会の絵は全曲まぁまぁうまくまとまりました。

一度はどん底に落ちたものの調子を取り戻して臨んだ先生との連弾は、今までの最高の出来だと自信を持って言えるくらい良い演奏ができました

やっぱりピアノは自分自身楽しんで弾かないと客にも伝わらないものですね。

大波乱の発表会も無事終わり、楽屋で先生と話してると一人の女性がやってきました。

どうやらシューマン協会の方だそうで、先生との連弾にひどく感動したらしく、今度協会のリサイタルで是非弾いてみないかとのことでした。

非常に嬉しい話ではあるのですが、自分の腕の未熟さと、この緊張を今度は更に大きなステージで味わうのかと考えると

チキンハートな管理は躊躇してしまうのでした・・・orz別に今すぐどうこうという話ではない様なので、勉強して前向きに検討したいと思います。

でもやっぱり一番嬉しかったのはチビッコ達におにいちゃんうまいねー!って言って貰えたことかな。間違いも指摘されたけど(爆

僕は一時期ピアノが本当に嫌いになって、毎日やめようやめようと思っていたことがありました。

だけど今となっては続けてて本当に良かったと思っています。

だからチビッコ達には、あまり練習しなくていいから、弾きたいときに好きなだけ弾いて、でも長~く続けるんだよって言いました。

全曲カッコ良く決まったらこれを機に発表会の出演やめようと思ってたんだけど、この調子じゃまだまだだな・・・orz


これからも日々勉強です。


  1. 2008/04/13(日) 00:50:33|
  2. ぐーたら雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エコーラインランデブー

長らく更新サボってすんません。

3月30日のKINAKOさんとのエコーラインでのランデブーの模様をお届けします。

今日は待ちに待った(?)KINAKOさんとのエコーラインランデブー

気分ルンルンで大鳥居に向かいます。大鳥居に着いたのは13:05、しばらくするとKINAKOさんがRZRで山のほうから降りてきました。

僕が遅刻してる間にひとっ走りしてきたそうです。RZRはチャンバーを社外品に換えて絶好調とのこと。(マジ速いです、直線で着いていけません)

挨拶もそこそこにして、とりあえず体を慣らす為に一度スキー場まで軽く流そうということに

家を出たときから今日はなんか乗れてないな~と感じてはいたのですが・・・

あろうことか、頂上で停車した時にバランスを崩して立ちゴケかましました(爆

あーあまたやっちまったよ~、とカタナを起こすと・・・

パキッ


・・・え?


プラーン


またクラッチレバー折れたぁぁぁぁああああああ orz (クラッチレバーの寿命、わずか10日)

ランデブーが始まって早々終了ムード

KINAKOさんのRZRに載ってたステンワイヤーでとりあえず応急処置をして下山

クラッチが完全に切れないのでシフトアップもダウンも一苦労。勿論停車なんてもってのほか

ふもとで聞き込みをして最寄のバイク屋や直せそうなところを探すも、行く先々でクラッチレバーは置いてないとの返事

山の近くで直すのは諦めて、KINAKOファクトリーに行くことにしました。人間の適応能力とは不思議なもので、
この頃になると折れたクラッチレバーで停車は勿論、繊細なクラッチワークまでできるようになっていました

走ること約40分、KINAKOファクトリーに到着。

RZRのクラッチレバーをホルダーごと頂いて、入れ替えました。(なんと、予備のレバーも2つも頂いちゃいました)

まだまだ不完全燃焼な二人(というか俺だけ?)はカタナが直ったところでエコーラインへとんぼ返り

今日はガンガン撮りますよ~と言って持ってきた車載カメラでカタナを後ろから激写(激録?)して頂きました。

図々しいですが、僕が撮った画像が一つも無いのでその車載動画の静止画をブログ使わせて頂きま~すm(__)m

zao3.jpg

大鳥居 ここからスタートです
zao5.jpg

今までの鬱憤と走れる喜びでフォームなんざメチャクチャ
zao7.jpg

zao8.jpg

ところどころまだ雪があります

zao70.jpg

zao1.jpg

zao11.jpg

zao2.jpg

zao12.jpg

チェーン脱着所でUターン。ここから上は路面状況か悪いし寒いです

これを二往復したところで体力の限界を感じたので(200km以上走ってるしね)そのまま下山して二人でウチ(AMF)へ向かいました。

家でガンマ談議を交えた後、近くのファミレスに行ってそこでまたバイク話。走りについて色々ご指南頂きました。

つーかサーキット行きてぇ、マジで。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、気づけば11時過ぎ。ウチに戻って荷物を取り、降り始めた雨の中KINAKOさんは帰って行きました。

こんなにバイクにどっぷり浸かって楽しかった一日は栃木遠征以来です。

この度は大変お世話になりました、是非またランデブーしましょう!>KINAKOさん

では。

  1. 2008/04/01(火) 00:31:51|
  2. 走・ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

nissy

Author:nissy
バイクは根っからのSUZUKI党です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。