Old Heavy Engine Oil - '79 SUZUKI GS1000 -

'79 SUZUKI GS1000をサラっと乗る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋はすぐそこ

みなさんこんばんは。
昨日からゼミの集中講義が入って毎朝早く起きてる管理です、正直しんどい

しばらく続いた猛暑もおさまって、夜は長袖を着ないと寒いくらいです。
SBSH0198.jpg

講義が終わってバイクに戻った時の一コマ 微笑ましいので撮っておきました

講習たりーなーと思いつつ参加してたらこれが意外に楽しい。太陽電池を作るというものなんですが、普通の太陽電池とは違い亜酸化銅を使った太陽電池です。銅板を炉の中で1000℃で約4時間焼き、表面の酸化銅を削りとって配線をすると発電するという摩訶不思議なものです。発電量は従来の太陽電池に比べると100分の1くらいですが、特別薬品を使う訳でもなく製法も簡単なので注目しているんだとか。

んで、俺も作ってみましたよっと
SBSH0199.jpg

配線の仕方が良かったのか意外と高出力だった俺の電池

とまぁ、こんなカンジのことを朝からやってる訳です。


あ、先日アップガレージに行って参りました。初めてだったんですがなかなか興味深い商品が多数あって我慢汁でまくりの管理でした
SBSH0197.jpg

w 街道レーサーの外装と思しきものまでありましたw

それにしてもカタナ燃費悪いな~、リッター12くらいしか走らんもん。乗り方のせいもあると思うけど、満タンにする度に2000円近くするんじゃサイフが持たん

では
スポンサーサイト
  1. 2007/09/26(水) 22:32:11|
  2. GSX400S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

夏の淡い思い出

皆さんこんばんは。9月ももう終わりだというのに今日の宮城は30℃近くありました、どうなってんだこれ

しかもさっき完成間近の原稿を不注意で消しちまったじゃねぇか畜生

今日は過去のガンマのネタでもつらつらと書き連ねたいと思います。総走行21000km(当時)、フルOHから6000km走り抜けた我がガンマも色々ヘタって来ただろうということで、ピストンリングやらクラッチ周りをリフレッシュしちゃおう(って言っても部品交換するだけだけど)という訳です

クラッチ
SBSH0145.jpg

いつもながら作業中の写真は一切ナシw

SBSH0109.jpg

用意したのはクラッチプレート×3 メタル×2 メタル(一番内側のヤツ)×1 全部で5000円しなかったような。クラッチプレートは三枚とも全て共通ですがメタルは二種類あるのでバラすときにちゃんと順番を覚えて組んで下さいね。蛇足ですがクラッチプレートはクラッチスプリングを押さえてるボルトを全て取ると取り出せます。説明されなくても見ればわかると思いますが、念のため。ちなみに管理はアウターを固定する工具なんか持っていないので、気まぐれでやってきたアシスタントのjimiおじさんにアウターを押さえて貰ってボルトを緩めました(鬼握力)
せっかくなので(何が?)ついでにキックギヤも外しちゃいました♪これで名実ともにキックレス仕様 ひゃっほーい

試走の為に近所のミニミニサーキットと勝手に呼んでる場所へ
SBSH0146.jpg

最近発見したミニミニサーキット 発見してから2日に一回は通ってます(もしやこれがご臨終の原因?!)

SBSH0147.jpg

jimiおじさんとガンマの夢の2ショット まるでガンマが新車で出た当時に撮ったかのような写真です。つーかお前本当に俺と同い年かよw


肝心の結果ですが、キックギヤの効果なのかクラッチの効果なのか定かではありませんが、高回転の吹けあがり方が一層滑らかに、力強くなりました。以前はもっとガサガサしたフィーリングだったんですが

SBSH0150.jpg

3年落ちのIRC製MBR740 100/80。かなり頑張って走っても端っこが3mmくらい余ります。次は素直にTTの90/90を履こーっと 大体こんな扁平率のタイヤを端っこまで使ってるヤツってどんな走りしてるんだよw 今の状態じゃステップ擦りまくってこれ以上倒せないので次復活させるときはバックステッププレートを装着しまひょ

とまぁ、ガンマが壊れるつい3日前くらいまでこんなことをやってた訳ですよ。

復活させたいなぁ・・・ガンマ

  1. 2007/09/22(土) 02:17:38|
  2. RG50Γ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガンマ君がご逝去されました

みなさんこんばんは

自宅PCを再セットアップしてようやく復活です。それにしても処理の早いこと早いこと。今度からデーターは外付けHDDに入れようと決心した管理でした

さて、題名の通り、先日ウチのガンマ君がご逝去されました。部室からの帰り道、いつものように絶好調で飛ばして走っていたら・・・

ゴッ ガガガガガガ・・・・パンパンパーン!!!

エンジンから尋常ではない振動がしてアフターファイヤーとともにエンジンストップ


原因はわからんがヤバイ雰囲気プンプン


そこら辺において帰る訳にもいかないので、午前1時を回っているにも関わらず家まで3キロ近く上り坂を押して帰りましたとさ。

「ごめんよガンマ、最近カタナにばっかり乗ってるからヘソ曲げちゃったんだよな。けど、お前に対する愛情が薄れた訳じゃないんだぜ」
暗い夜道、ガンマに語りかけずにはいられませんでした(危

翌日腰上を空けてみるも抱きつきや焼きつきの形跡は一切ナシ

バーロー、俺の組んだエンジンがブローすっかヨ(湾岸:林より)

色々調べると驚愕の事実が







フラーホイールとクランクが連動してない






ウッドラフスキーがヘタってフライホイールが空回りしてるのか?それとも・・・



イヤな予感を必死に払拭しつつエンジンを降ろしクランクを割る

















































SBSH0196.jpg













ぎゃぁあああああああああああ!!!!!目が、目があああああああああ!!!!









どう見ても完璧にご臨終です、本当にありがとうございました。


芯出しまでしたクランクだったのにorz

50ccのままでクランクが折れるなんて初めて聞いたと工場長が仰ってました、パワー上げすぎたのかや

新品クランクの値段を聞いたところそんなでもなかったのでそのうち買いなおそうと思います、それまでしばらく冬眠だな。

あれこれとやりたいこともあるし、ちょうどイイ機会なのかもしれないですね

次復活する時は更に過激な仕様で登場させますので、皆様乞うご期待下さい(懲りてない

しばらくは以前から溜め込んでたガンマのネタとカタナの記事になるかと思いますが、どうかこれからも当ブログをよろしくお願い致しますm(__)m
  1. 2007/09/19(水) 01:42:29|
  2. RG50Γ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

刀商会

おいっす僕です

書きたいことは山程ありますが順を追って紹介していきます

今日はAMFに新しく加わったカタナ(GSX400S)について軽く紹介したいと思います。
さっき撮ってきたばかりのホカホカです

SBSH0185x.jpg


SBSH0179.jpg


SBSH0186.jpg


改造点
SBSH0180.jpg

SBSH0182.jpg

もはや説明不要なインパルス(バンディット?)ホイール。管理がこの個体を買おうと思った最大の理由 金スプロケ&金チェーンなんて高級品も付いてます

SBSH0181.jpg

ゴールドメダルのスラッシュガード
SBSH0183.jpg

コアースだかのスプロケットガード
SBSH0184.jpg

カーボンフェンダーとコアースのスタビライザー
他にもハイスロやらウィンカーやらちょくちょく変わってますが大体こんなモンです。


中身はというと・・・
一度そこそこの転倒歴があるらしく、左エンジンガードの曲がりやハンドルストッパー再溶接となかなかファンキーな香りがします。しかし目立った外傷はないのでまぁ大丈夫だろうと踏んで買った訳ですが・・・w

嫌な予感はしてたけど真っ直ぐ走んない+ステムに変なガタがあるwwww

という訳で早速F周りバラしましたよ。

SBSH0162.jpg

マフラーとカウルを外してリアスタンドをかけ、エンジン下にジャッキをかけます。アクスルシャフト、ステム、キャリパー部分等の固いボルトはジャッキアップする前に緩めておきましょう。

SBSH0164.jpg

ステムを取ると・・・ボロッ カランカランカラン

SBSH0163.jpg


ぎゃぁぁあああああああああ

ちょwwwこんなんアリかよwwwwwステムを取った瞬間テーパーローラーが一個落ちて来ましたwww

こりゃ真っ直ぐ走らないしガタガタ言う訳だ。それにしても酷いな、こんなん売りモンじゃないだろ

これはヤバイと速攻でRBの工場長に電話。ステムベアリングの在庫を確認したところ運良く上下ともあったとのことだったので、作業を中断して取りに行き、ステムにベアリングを圧入して貰って帰ってきました。
ネックのほうに入ってるガイドはまだ使えそうだった(というか抜けない)ので交換せずに(出来ずに)再利用しました。

フォークもちゃんとセンターを出して組みなおしたところ、以前のようなフラつきや蛇行、ステムのガタもキレイさっぱり無くなりました。

これで安心して走れます。

バイクがちゃんと走るようになったところで昨日少し走りに行ってみたのですが、リアサスが抜け抜けでちょっと攻めた走りをするとリアがブヨンブヨン言ってとても攻めれたものではありませんでした。

次の課題はリアサスですね。

ではまた
  1. 2007/09/06(木) 16:23:45|
  2. GSX400S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

nissy

Author:nissy
バイクは根っからのSUZUKI党です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。