Old Heavy Engine Oil - '79 SUZUKI GS1000 -

'79 SUZUKI GS1000をサラっと乗る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

低回転の失火対策

怒涛の三連投

どのタイミングで出るようになったのか覚えていないが、数年前から悩んでいた極低回転での失火。

アイドリングからちょっと回転を上げるためにアクセルを微開した時であったり、3000回転以下のパーシャル走行からアクセルを微開するときに、ボボッと2,3発分失火する症状。

3000回転以上であったり、アクセル開度1/8以上では症状は出ないので一度走り出せば問題はないのですが、渋滞にハマった時のトロトロ運転時には最悪です。

症状から考えて怪しいのは

1. 油面
2. パイロット/スロー系
3. ジェットニードル
4. 同調
5. 点火系 (?)

油面は、キャブを組むときに規定範囲内で組んでいますが、測定する工具を持っていないため実油面は不明。一応オーバーフローはしていなけれど。。。
パイロット/スロー系および同調は先日ショップで調整を行って貰った。多少症状が出るまでの時間が遅くなったものの、エンジンが完全に温まるとやはり症状は再現します。同時に点火タイミングも見て貰ったが、進角含め特に異常は見当たらず・・・

イグニッションコイルか?と思ってお疲れ気味のダイナのコイルを新品GSX-R1100純正に変えましたが、低回転の失火は相変わらず健在・・・ちなみにこちらのコイル、回転のレスポンス・および高回転の失火には覿面の効果がありました。
高回転での振動が減るためスピード感は薄れるのですが、メーターを見ると今までよりも出てる・・・不思議な感覚です。

結局、ジェットニードルのクリップ位置を一番上に持ってきたら低回転の失火はキレイに解消、でもその代わり5000回転辺りのトルク感が薄くなってしまいましたf^^;

次のステップは、ジェットニードルのテーパーです。

GS1000MSK
GS1000にまたがる先輩の図
スポンサーサイト
  1. 2017/07/18(火) 02:39:59|
  2. GS1000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DID 630 VS チェーン

こちらも備忘録

購入時より付いていたチェーンが片伸びしており、周期的なノイズと不愉快な振動を発していたので、3年目になりようやっと交換。
もっと早くやっておけば良いものを、横着していたのでスプロケも無駄に減ってしまったorz

530コンバートも考えましたが、やっぱり旧車にはあのゴツいチェーンが似合うと思い DID 630 VSを注文

自分で交換できるという理由でクリップジョイントにしましたが、翌週峠帰りにバイクの点検をしていたらクリップが飛んでなくなっており、プレートの軽圧入のみでチェーンが繋がっている状態を発見し青ざめました。

奇しくも前週に自分の周りでもう一件チェーンクリップが飛んだという報告があり、作業を適切に行っていても走り方次第でそのようなことが起こるということを身を以って体験しました。

今後一切カシメタイプのジョイントを使わない決意をしました。

チェーン交換後は例の嫌な振動もなくなり、快適そのもの。やはりもっと早く交換しておけば良かったです。

余談ですが、僕はRKのチェーンルブ(スタンダードの透明な奴)を愛用しています。

施工後の飛散はやや多いですが、施工のしやすさとゴミの付きにくさのバランスはこれが一番だと思います。


画像は、たまたま寄ったバイク用品店で隣に停まっていたGN125

一見同じカラーですが、良く見るとGSのほうが色が暗いです。

GN125: キャンディージプシーレッド
GS1000: キャンディーインペリアルマルーン

GN125.jpg

では。
  1. 2017/07/18(火) 00:57:06|
  2. GS1000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リアサスペンション&タイヤ交換

交換したのは大分前ですが、備忘録として。

これまで、高速コーナーでギャップを踏むと車体が跳ねた後にしばらくフレームがグワングワンうねるという非常に不愉快な現象に悩まされてきました。
タイヤやフレームで衝撃を吸収しきれていないために車体に衝撃が及び、現象が発生しているのではないかと考え、まずはリアサスを交換してみることにしました。GS1000の純正サスペンションは僕の体重(57kg)では全く動きません。

購入したのはコスパが良いと評判のYSSのリアサスペンション。
由緒正しい国産旧車に台湾サスなぞ入れおって・・・等という批判も聞こえてきそうですが、今回は自分が不満に思っている現象がリアサスの交換によって改善するのかどうかを検証することが目的なので、これで十分です。

YSSSUS

YSSGS1000



「動く足」を意識して、プリロードはバネが遊ばない程度にかけ、減衰は最弱から5段締め、全長は純正+ 5mm にセットしました。(Fフォーク突き出し4mm)
結果は、ギャップ通過時の衝撃が大分軽減されましたが依然としてフレームの低周波うねりは残っています。セッティングも弄ってみましたが、劇的な変化はありません。

そうなると購入時からそのままケチ心出して使ってきた F:ケンダ(?!) R: BT45 のタイヤが怪しい。カチカチな上にRに至っては許容リム幅を超える140/70-18という謎のサイズが付いている。

これを純正サイズの
F: 100/90-19 BT39 for American
R: 120/80-18 BT45
に変更しました。(Fはローテーション逆向きにセット)

これの効果は覿面で、走り出した瞬間に別のバイクに乗ったかのような違いを実感、今まで悩んできた症状もキレイサッパリなくなりました。
曲がらない・止まらないと思っていたGSがコーナリングマシンに変貌、これまで首都高メインで乗っていたのが最近では峠専用マシンになってしまいました。

エア圧は F:2kPa R:2.1kPa にしています。タイヤが温まるまではFが少し硬く感じますが、走りがアツくなってくると丁度良いです。

やはり乗り物はタイヤですね。

BT45GS1000

BT39GS1000


基本中の基本ですが、おざなりになっていました。

勉強になりました。
  1. 2017/07/18(火) 00:03:13|
  2. GS1000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GS1000用 ダウンタイプNGCマフラー

長年購入を検討していたNGCマフラーを遂にオーダーしました。

通常ラインナップにはない、GS1000用ダウンタイプのNGCマフラーです。

今回は限界までテールパイプをタンデムステップフレームに沿わせるため、事前に純正のマフラーステーをカットし、ボスを移設しました。こちらの加工は246沿いのラウズレーシングさんに行って頂きましたが、純正にしか見えない素晴らしい仕上がりでした。

フレーム加工車となったため、テールパイプはワンオフです。

NGCに到着し、小林さんと相談しながら現物合わせでテールパイプのレイアウトを調整していきます。

NGC

僕のイメージ以上に格好良く仕上げて頂きました。

あとは塗装から戻ってくるのを待つのみです。

暑い中作業して頂きありがとうございました。
  1. 2017/07/17(月) 00:33:02|
  2. GS1000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

USヨシムラ シリーズ7とキャブセッティング

納車時より装着されているVance & Hinesに不満があった訳ではないのですが

スズキといえばヨシムラだろ

といった漠然とした考えで、ヤフオクに出ていたUSヨシムラのシリーズ7を勢いで落札してしまいました。(これが結構高かった。)

GS1000用とのことであったがポン付けとは行かず、汎用ステーをタンデムステップから延長して取り付けました。

S7.jpg

s73.jpg


早速近所を走り回ってみたが、排気音は最高!
今まで聴いたことがある、どの車種・マフラーの排気音よりも官能的な音で、ついついアクセルを開けてしまいます。

排気系の変更に伴い、ジェットセッティングを取りなおすことに。

MJ : 122.5
SJ : 14
JN clip : 上から3段目
感想 : 低回転はスムーズだが6000rpmくらいからボコつきあり。MJが濃いのかな?MJ117は既に試しており、改善の方向はあるものの依然としてボコつくので、次回は112辺りを狙ってみよう。

なにはともあれ、ヨシムラ装着で感無量です。
  1. 2015/07/06(月) 02:25:01|
  2. GS1000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

nissy

Author:nissy
バイクは根っからのSUZUKI党です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。